投稿されている相談をキーワードから検索

アドバイザー検索

縁を繋ぎ、世界の企業へ
0120-918-050
新規登録はこちら
▶ユーザー登録▶アドバイザー登録
縁を繋ぎ、世界の企業へ

海外お知恵バンクについて

海外お知恵バンクのサービスは、「プロ」の「知恵」を掘り起こし、知恵を借りたい人、悩みを抱えている人の課題解決をお手伝いします。

海外お知恵バンクのサービス
~プロがプロに聞く仕組み~

①質

海外お知恵バンクのメンバーは全員が面接採用。選ばれた方のみが実名登録しており、質にこだわりを持った方針で運営しています(表示はニックネームの方もいます)。

②安心・安全

お互い安心してやり取りをするために、機密保持規約締結・エスクローサービス機能等、様々な仕組みを取り入れています。

③使いやすい

「アドバイザー」様の資産をしっかりお伝えする紹介画面があるので、登録しておけば、クライアントから自分にあった質問が依頼されてきます。

私たちの想い

プロの貴重な「資産」を活かす

長年仕事に一生懸命打ち込む中で培われた、様々な領域のプロフェッショナルが持つ「知恵」「特技」「経験」「知識」を、さらに幅広く社会で役に立て、社会全体の発展に貢献する基盤を作りたいと思います。

「資産」を「価値」へ

「資産」はそれを必要としている誰かに提供されたとき、社会的な「価値」に変わります。「資産」を必要とする方へ適切に届ける基盤を作りたいと思います。

生き甲斐と社会発展

私たちは、人間がそれぞれ持っている目に見えない資産を最大限活かし、これまでがんばってきた人がそれぞれに生き甲斐をもって生きて行ける社会基盤を作ることにより、社会貢献をしてゆきます。

コラムのタイトル

2016.8.23

  • facebook
  • google+
  • line
  • line
  • twitter

貿易条件の違いによるリスク

前回に続き貿易条件について貿易条件により保険金支払いが受けられない。というお話です。

ケース①:FOB条件で輸入した冷凍食品

荷姿がカートン(段ボール箱)の生鮮魚介類をリーファーコンテナ(冷凍機が付いた保温コンテナ)で日本に輸入。
日本の港に到着した際にコンテナから貨物を取り出し、外観などのダメージを確認いたしますが、リーファーコンテナには問題が無いにもかかわらず、全カートン中30%ほどのカートンの表面に霜や薄い氷が付着していました。 輸入者はその30%をダメージ品と断定。
もともと生食用のため、一定温度のまま輸入する事が絶対に必要だったのですが、上記の損害状況は「どこか」で規定温度より高温となった事が想定されるため、菌の発生や品質の劣化が起きていると考えるのが「妥当」です。 その貨物は加熱用食材として販売するか、廃棄するしかありません。
いずれにせよ損害発生となります。日本で海上保険を手配しているため、保険求償を行い保険金を受け取る手筈だったのですが、このケースでは「FOB条件」のため保険求償が受けられなかった。

なぜか?…

このケースでは、シッパー倉庫を出荷後、規定温度を維持したまま輸送し港の倉庫(冷蔵倉庫)へ運ばれましたが、「トラックから港の倉庫へ入庫する際」「港の倉庫でリーファーコンテナへの積込み作業時」のいずれかにおいて、倉庫の出入口で数分の仮置きが発生し、その際に貨物温度が上昇したと思われます。

ご存知のように、「FOB条件」は船舶へ貨物を積み込んだ時点から保険が有効になります。そのため、このケースでは保険求償が出来ませんでした。

 

ケース②:FOB条件で輸入したドラム缶入り粉末原料

荷姿がドラム缶の粉末原料をコンテナで日本に輸入。
日本の港に到着した際にコンテナから貨物を取り出し、外観などのダメージを確認いたしますが、全量数十のドラム中、3ドラムに蓋が開けられた形跡(封印シールが剥がれていた)があり、その3ドラムの内容物がそれぞれ20%ほど減っていた。
オールリスク(ICC A)補償で保険手配しているため、保険会社へ求償を依頼したが「FOB」条件のため保険求償「不可」との返答。
保険求償が受けられなかった。

なぜか?…

このケースでは、輸出港の倉庫に入庫された時点では封印シールは全て問題無い事が確認されておりました。
おそらく、輸出港の倉庫搬入からコンテナへの積込みまでの間に封印シールが剥がされ、内容物の不足が発生したと思われます。
ご存知のように、「FOB条件」は船舶へ貨物を積み込んだ時点から保険が有効になります。そのため、ケース①同様に保険求償が出来ませんでした。
もし違う貿易条件だったら…

貿易条件が「FCA」であれば、キャリアーへ引き渡した時点で保険が有効となるため、両ケースとも保険求償が可能だったと思われます。
現在の貿易条件は正しい運用となっておりますか?

思わぬトラブルとならない為にも、貿易条件は輸送実態に応じて正しく運用しましょう。

このコラムの著者

株式会社TMT 大野 隆一

貿易のあらゆるリスクは、お任せください

https://www.ochiebank.com/global/advisors/view/202

株式会社TMT 大野 隆一

大手損害保険会社の代理店にて貿易企業専門の部署を立上げ、2012年に独立。
以来、貿易リスク専門のコンサルティングをご提供しております。

サポート全般
|海外保険 |海外法務 |海外人材採用・紹介 |海外進出コンサルティング |海外市場調査・マーケティング |海外企業調査 |翻訳・通訳 |ビザ申請代行海外税務・会計 |海外現地人材教育 |グローバル人材育成 |語学研修 |海外税務・会計 |海外労務サポート |海外撤退・閉鎖 |海外代理店販売・テスト販売 |輸出・輸入代行 |貿易実務全般 |与信調査 |模倣品対策 |知的財産権保護 |販路開拓 |海外投資 |資金調達 |海外進出戦略・事業計画立案 |インバウンド
法人設立サポート
海外店舗出店・FC展開サポート 海外不動産・レンタルオフィス 海外視察 海外法務 海外税務・会計 海外商標・特許申請 ITインフラ構築 海外会社設立・登記代行
IT・WEBサポート
海外向けECサイト構築 ITインフラ構築 海外決済・送金サポート 海外市場調査・マーケティン インバウンド ソーシャルメディアで海外展開 海外広告 海外SEO・リスティング代行 多言語サイト制作 海外ECモール出品代行
海外プロモーション
海外展示会出展サポート
サポート企業を進出国から探す
中国 フィリピン モンゴル 香港 シンガポール アメリカ 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ マレーシア インド ミャンマー カンボジア メキシコ ドイツ ロシア ブラジル イギリス アラブ首長国連邦 スリランカ フランス トルコ

ページTOPへ
PAGE
TOP

横浜市ベンチャー企業顧問派遣事業社
© 2015 海外お知恵バンク|海外進出ビジネスのパートナー支援
Facebookアイコン
Twitterアイコン
google+アイコン
はてブアイコン
LINEアイコン
お知恵バンク
横浜市ベンチャー企業顧問派遣事業社
© 2015 海外お知恵バンク|海外進出ビジネスのパートナー支援