投稿されている相談をキーワードから検索

アドバイザー検索

縁を繋ぎ、世界の企業へ
0120-918-050
新規登録はこちら
▶ユーザー登録▶アドバイザー登録
縁を繋ぎ、世界の企業へ

海外お知恵バンクについて

海外お知恵バンクのサービスは、「プロ」の「知恵」を掘り起こし、知恵を借りたい人、悩みを抱えている人の課題解決をお手伝いします。

海外お知恵バンクのサービス
~プロがプロに聞く仕組み~

①質

海外お知恵バンクのメンバーは全員が面接採用。選ばれた方のみが実名登録しており、質にこだわりを持った方針で運営しています(表示はニックネームの方もいます)。

②安心・安全

お互い安心してやり取りをするために、機密保持規約締結・エスクローサービス機能等、様々な仕組みを取り入れています。

③使いやすい

「アドバイザー」様の資産をしっかりお伝えする紹介画面があるので、登録しておけば、クライアントから自分にあった質問が依頼されてきます。

私たちの想い

プロの貴重な「資産」を活かす

長年仕事に一生懸命打ち込む中で培われた、様々な領域のプロフェッショナルが持つ「知恵」「特技」「経験」「知識」を、さらに幅広く社会で役に立て、社会全体の発展に貢献する基盤を作りたいと思います。

「資産」を「価値」へ

「資産」はそれを必要としている誰かに提供されたとき、社会的な「価値」に変わります。「資産」を必要とする方へ適切に届ける基盤を作りたいと思います。

生き甲斐と社会発展

私たちは、人間がそれぞれ持っている目に見えない資産を最大限活かし、これまでがんばってきた人がそれぞれに生き甲斐をもって生きて行ける社会基盤を作ることにより、社会貢献をしてゆきます。

コラムのタイトル

2016.3.10

  • facebook
  • google+
  • line
  • line
  • twitter

アメリカ進出のアドバイス

私が初めて渡米してニューヨークを訪れたのは、2001年冬「同時多発テロ」と名前が付けられた事件911の翌年でした。

家族や知人からはまだ行かない方がいいと反対されておりましたが、25歳だった私は、夢を掴んで人生を変える為には今しかないと、ニューヨーク行きのチケットだけを買って、宿のあてもなく飛行機に乗った事、一生の思い出です。

深夜にニューヨークJFK国際空港に着いたものの、右も左も言葉も何もかも真っ白のまま、目の前のバスに乗って辿り着いた先は地下鉄の駅。全て自分の感と運に任せて電車に乗り、大きな不安を抱えて降りた先はマンハッタンでした。

インターネットが普及していない時代、地図とコンパスだけが頼りでした。

とくかく開拓する道以外はなく、バックパッカー御用達のユースホステルに宿泊しながら、毎日マンハッタンを隅から隅まで歩いては、衣食住、情報を見つけてはそこに行き、また新たな情報を求めて探求していきます。日本に住んでいた状況では、とても想像する事が出来ない、まったく違う文化や常識に圧倒され、でもその新鮮の日々が、人間を大きく変えて行くんだなと、私自身、常識にとらわれない生き方を自然と身に付けていたのです。

アメリカの常識は日本の非常識と言うように、誰もがその生活になじむのは時間がかかるもの。短期の旅行ではとてもとても、住んで、肌で感じて、目に焼き付けて、英語でコミュニケーションを取ってみて、そんな毎日を過ごせば過ごすほど、新しい発見が生まれます。

人によってはリスクはあります。辛抱強く、根気強く、倒されても何度でも立ち上がる誠心がなければ、海外生活は長くありません。私も経験しましたが、かすかな人種差別も感じます。何かを得るためには積極性がないといけないのですが、精いっぱい頑張ってもなかなか実現しないので、それは何度も挫折し、もう英語なんて聞きたくない、話したくない、そして更にはハンバーガー、ピザ、パスタの毎日の繰り返しなんです。

一言で海外進出と聞くと響きがいいですが、その半面、必死な生活がございます。

私たち日本人がアメリカで生活をするには、最も仕事が重要となってきます。そして英語力によって位が変わってきますので、どんなに優秀な人材でも英語が流暢でなけば、それなりに見られてしまいます。同じ日本人からもそんな目で見られます。

日本で英語を勉強しても、英検を持っていても、実戦で役に立つレベルは、たかがしれていて、ニューヨークには日本人の人口が約10万人、沢山の日本人コミュニティーが存在するので、生活で弱気になった時には、癒しの為にも日経のレストラン街(リトルトーキョーみたいな場所)や県人会などに参加など、これがどんどん参加の頻度が上がってくるんです。日本語で楽なので。でもこれじゃ英語がなかなか発達しないので、アメリカ人の友達など作って習得する他ございません。

そして次に家賃の高さです。ニューヨーク市民は収入の半分が家賃だと、実際にニュースや新聞などで言われています。そしてそれに反して、年々家賃が浮上しているのです。日本で家賃10万円(1LDK)がニューヨークでは共同部屋の一部(6~8畳)です。10万円でひとり暮らしをお考えの方は、マンハッタンから電車で1時間半かけるつもりでお考え下さい。

生活においてはまだまだ色んな事がありますが、それでも住みたい、是非住んでもらいたい条件として考えらるのは、お金には変えられない経験値もその一つであります。世界各国から集まって成り立っている都市であり、アフリカ、ヨーロッパ、アジア、南米、ロシア、沢山の人々と触れ合う事ができ、各国の事を知ることができます。私たちがいかに、日本のニュースを信じすぎていたのか、愕然です。日本は世界を見ている、でも世界はそこまで日本を見ていない。今世界は日本ブーム?いや、日本=Sushi? と感じたこともあります。

でも、だからこそ挑戦し甲斐があるんです。今まで出したことがなかった潜在意識をもてば、必ず結果は出ます。

アメリカ進出時の注意点というならば、職業にもよりますが、まずは飲食店で言うと、日本人であれば、日本を売りたい、通用させたい、伝統、歴史を伝えたい方が大半だと思います。日本食の代表といえば沢山ありますが、主に海外に知れ渡っているのは、SUSHI、TEMPRA、SAKE、RAMENなど色々ありますが、実はこれくらい数種類しか知られておりません。そしてこれらのレストランを経営している方々は、中国人、韓国人、タイ人など、見た目が日本人と変わらない、アジア人を中心とした人種達です。そして看板には「Japanese Restaurant」と書かれています。

ここまで沢山の人種が日本食レストランを経営していると、アメリカに住んでいる人、また海外から旅行で来ている方々からにしてみれば、見た目も味も「日本」なので、日本人が経営しているなど、そこまで重要ではなくなってきます。日本人が経営していないのに「MASA SUSHI」などの屋号も多いです。

ただ、やっぱり日本人が経営していると思うレストランには、品数が豊富です。味もそうですが、何よりも特徴的なのは、接客、対応、清潔感。日本人のセンスは流石。他の人種が真似できない和の心とは、決して外せないポイントです。

その他の職業も同じ事ですが、注意点というかは当たり前の事、しかしこの当たり前の事をアメリカ生活が狂わすケースが多く、あこがれの土地に住む人たちの悪影響で、心を忘れてアメリカナイズしてしまい、ひねくれてしまう日本人が後を立ちません。

アメリカ人は、とにかく時間や約束にルーズな方が多いので、注意してください。

アメリカ進出の成功事例のアドバイスとしましては、特にお金がかかります。予想している予算以上にかかるので、あまり業者に頼りすぎない事でしょうか。不動産や旅行代理店など、多くの日本の業者も存在しますが、時によっては現地のサービスを利用したほうがコストを抑えることもできます。英語力も必要ですが、ここをうまく利用した上で、無理のない計画が必要です。予想しない出費がたくさんございます。

会社ツールに欠かせない、名刺やホームページも弊社では他社よりも低価格で行っております。全米の印刷工場を視察し、クオリティーの良さ、コスト面など、そうやくここまで辿り付きました。この私たちのサービスこそ、気をつけなければなりません。米系業者の雑な対応には思い知らされますので。

とにかくすぐには結果が出なくとも、信用を得るためにもコツコツと真剣なサービスを続けることが基本だと思います。商品の提示価格も少しでも無理をすれば、お客様は逃げて行きます。コストを抑えて必要な利益での経営こそ、形になるかと思います。

人件費などは、サービス業に関してはチップ制度が大半で、パートタイムの場合には低めの時給($3~5)で、その日のチップをパートの皆さんで配分し、ヘアサロン等の場合には、自分が受け持ったお客様の料金を50%が給料など、その日の集客、月の集計によって大きく変わります。その他の企業だと、月給は日本円で200,000円~300,000円など様々です。ただこれはあくまでも金額例としてあげていますが、職種によっては日本の平均額を下回るお仕事がございます。

これまでのお話は、私が実際に経験した内容や、知人の経験の範囲内ですが、信頼ある旅行代理店、不動産業者、会計士、弁護士、会社設立、広告代理店、など多くの方々とお仕事で関わっており、とても役立つ会社もご紹介できますので、ご自信で探されるよりは、的確なアドバイスができると思います。表にでない、ローカル情報や知識などもお任せください。

このコラムの著者

シチュエーションに合うアイテム制作!

https://www.overseas-advance-navi.com/global/advisors/view/252

大蔵 隆一

世界中に広がる様々なサービスの向上の為に、様々な目的を100%理解する事を大切にし、デザインや品質に満足を加えて常に最新のノウハウを最速にお届けします。ニューヨークを拠点に日本、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、世界を視野に入れ、夢を実現する人々を応援し、シチュエーションに合うアイテム制作を目指しています。これから夢に向かって起業し、成功に向かって不安抱く気持ちを取り払う役目を果たす。また心機一転、再スタートするビジネスを成果に結びつけるようなツールを誠意を込めて生産します。

サポート全般
|海外保険 |海外法務 |海外人材採用・紹介 |海外進出コンサルティング |海外市場調査・マーケティング |海外企業調査 |翻訳・通訳 |ビザ申請代行海外税務・会計 |海外現地人材教育 |グローバル人材育成 |語学研修 |海外税務・会計 |海外労務サポート |海外撤退・閉鎖 |海外代理店販売・テスト販売 |輸出・輸入代行 |貿易実務全般 |与信調査 |模倣品対策 |知的財産権保護 |販路開拓 |海外投資 |資金調達 |海外進出戦略・事業計画立案 |インバウンド
法人設立サポート
海外店舗出店・FC展開サポート 海外不動産・レンタルオフィス 海外視察 海外法務 海外税務・会計 海外商標・特許申請 ITインフラ構築 海外会社設立・登記代行
IT・WEBサポート
海外向けECサイト構築 ITインフラ構築 海外決済・送金サポート 海外市場調査・マーケティン インバウンド ソーシャルメディアで海外展開 海外広告 海外SEO・リスティング代行 多言語サイト制作 海外ECモール出品代行
海外プロモーション
海外展示会出展サポート
サポート企業を進出国から探す
中国 フィリピン モンゴル 香港 シンガポール アメリカ 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ マレーシア インド ミャンマー カンボジア メキシコ ドイツ ロシア ブラジル イギリス アラブ首長国連邦 スリランカ フランス トルコ

ページTOPへ
PAGE
TOP

横浜市ベンチャー企業顧問派遣事業社
© 2015 海外お知恵バンク|海外進出ビジネスのパートナー支援
Facebookアイコン
Twitterアイコン
google+アイコン
はてブアイコン
LINEアイコン
お知恵バンク
横浜市ベンチャー企業顧問派遣事業社
© 2015 海外お知恵バンク|海外進出ビジネスのパートナー支援