投稿されている相談をキーワードから検索

アドバイザー検索

縁を繋ぎ、世界の企業へ
0120-918-050
新規登録はこちら
▶ユーザー登録▶アドバイザー登録
縁を繋ぎ、世界の企業へ

海外お知恵バンクについて

海外お知恵バンクのサービスは、「プロ」の「知恵」を掘り起こし、知恵を借りたい人、悩みを抱えている人の課題解決をお手伝いします。

海外お知恵バンクのサービス
~プロがプロに聞く仕組み~

①質

海外お知恵バンクのメンバーは全員が面接採用。選ばれた方のみが実名登録しており、質にこだわりを持った方針で運営しています(表示はニックネームの方もいます)。

②安心・安全

お互い安心してやり取りをするために、機密保持規約締結・エスクローサービス機能等、様々な仕組みを取り入れています。

③使いやすい

「アドバイザー」様の資産をしっかりお伝えする紹介画面があるので、登録しておけば、クライアントから自分にあった質問が依頼されてきます。

私たちの想い

プロの貴重な「資産」を活かす

長年仕事に一生懸命打ち込む中で培われた、様々な領域のプロフェッショナルが持つ「知恵」「特技」「経験」「知識」を、さらに幅広く社会で役に立て、社会全体の発展に貢献する基盤を作りたいと思います。

「資産」を「価値」へ

「資産」はそれを必要としている誰かに提供されたとき、社会的な「価値」に変わります。「資産」を必要とする方へ適切に届ける基盤を作りたいと思います。

生き甲斐と社会発展

私たちは、人間がそれぞれ持っている目に見えない資産を最大限活かし、これまでがんばってきた人がそれぞれに生き甲斐をもって生きて行ける社会基盤を作ることにより、社会貢献をしてゆきます。

コラムのタイトル

2016.6.1

  • facebook
  • google+
  • line
  • line
  • twitter

本当の危機とは?

昔々、ヨーロッパに羊の放牧して生計を立てていた村がありました。
村人は、それぞれの羊を羊飼いの少年に預けていました。

ある日、羊飼いの少年が、「オオカミが来た、大変だ、オオカミが来た」と大声で叫んで、山から下りてきました。
しかし、オオカミはどこにも現れませんでした。

数か月後、また羊飼いの少年が、「オオカミが来た、大変だ、オオカミが来た」と大声で叫んでやってきました。
しかし、今度もオオカミはどこにも現れませんでした。
村人は、いつも慌てるばかりでしたが、実際にオオカミが現れないので、オオカミなどでないと思い込んでいました。

そして、運命の日・・・

今度も、羊飼いの少年が、「オオカミが来た、大変だ、オオカミが来た」と村人に大声で叫んできました。
羊飼いの少年の言うことを全く信じなくなった村人は、財産であるすべての羊をオオカミに食べられてしまいました。


一般的なイソップ物語の解釈では、いつも「大変だ、大変だ」と言っている少年が誰からも信じてもらえないという話です。
もちろん、嘘がよいわけではありませんが、この物語の真の意味は違います。

このお話で、誰が実際の被害を受けたか、あなたは考えたことがあるでしょうか?

実際に羊という財産を失ったのは、財産の無い少年ではなく、村人なのです。
つまり、最大の被害者は、少年の言うことを信じなかった村人なのです。

昔から権力者たちは、民衆が真実から目をそらすように、「損得」よりも「善悪」を表に出してプロパガンダをしています。
この物語も、善悪でしか見ないように歪曲して伝わっているのです。

大衆が、損得に目を向けさせないためには、嘘つきな少年ひとりに焦点を当て、スケープゴートにしたのです。
少しオカルトっぽく聞こえるかもしれませんが、「デマかどうかは、自らが考える」がこの物語の本当の意図です。

さて、あなたは、この話を聞いて、どう感じたでしょうか?
村人のように「嘘をつく少年が悪い」と言って、大事な財産を失っても構わないのでしょうか?
決して、そうは思わないでしょう。

あなたが、村人のように財産を失わないためには、「危機は危機として、常に存在している」と認識をする必要があります。

何年も前から東海地震、首都圏直下型などの大地震の可能性が取りざたされていますが、実際には地震が起こっていません。
だからと言って、地震が起こらないわけではありません。

地震は、時間が経てば経つほど、プレートや断層の歪みが蓄積し、その危険度が上がっていきます。
そして、歴史を振り返れば、何度も大地震が起こっています。

また、日本の財政危機も10年ぐらい前から言われています。
しかし、日本国債の暴落もなければ、インフレも起こっていません。
だからと言って、日本の財政問題が、無くなったわけではありません。

むしろ、国の借金は更に増え、財政の危険度は、年々高まっています。
それに、歴史を振り返れば、国の財政破綻、インフレは、数えきれないほど起こっています。
今現在、日本国家の歪みは、どんどん蓄積されています。

私は、「オオカミ少年」と呼ばれても、あなたに警告をします。

日本の危機というオオカミが来る前に、十分な対策をしておいてください。

このコラムの著者

横森一輝

財産を守るためのノウハウ教えます

https://www.overseas-advance-navi.com/global/advisors/view/214

投資調査会社アジアンリンク 代表 横森一輝

1965年、長野県生まれ。
1989年に山一證券に入社。学生時代から株式投資を始め、商品先物、デリバティブなどで生計を立てる。
2000年に「自分より上手い奴を探そう」と思い、ヘッジファンドに出会う。ヘッジファンドからリスク管理の重要性を教わり、マーケット人生を卒業。
ヘッジファンド調査会社を経て、シンガポールでヘッジファンドの最高投資責任者。サブプライム危機とリーマンショックが襲い、2008年、ファンド解散。その後、シンガポールに留まり、日本人の海外投資のための調査会社を設立。
インターネット上で、経済の裏事情、ヘッジファンドのノウハウ等の情報番組を配信。

サポート全般
|海外保険 |海外法務 |海外人材採用・紹介 |海外進出コンサルティング |海外市場調査・マーケティング |海外企業調査 |翻訳・通訳 |ビザ申請代行海外税務・会計 |海外現地人材教育 |グローバル人材育成 |語学研修 |海外税務・会計 |海外労務サポート |海外撤退・閉鎖 |海外代理店販売・テスト販売 |輸出・輸入代行 |貿易実務全般 |与信調査 |模倣品対策 |知的財産権保護 |販路開拓 |海外投資 |資金調達 |海外進出戦略・事業計画立案 |インバウンド
法人設立サポート
海外店舗出店・FC展開サポート 海外不動産・レンタルオフィス 海外視察 海外法務 海外税務・会計 海外商標・特許申請 ITインフラ構築 海外会社設立・登記代行
IT・WEBサポート
海外向けECサイト構築 ITインフラ構築 海外決済・送金サポート 海外市場調査・マーケティン インバウンド ソーシャルメディアで海外展開 海外広告 海外SEO・リスティング代行 多言語サイト制作 海外ECモール出品代行
海外プロモーション
海外展示会出展サポート
サポート企業を進出国から探す
中国 フィリピン モンゴル 香港 シンガポール アメリカ 台湾 インドネシア 韓国 ベトナム タイ マレーシア インド ミャンマー カンボジア メキシコ ドイツ ロシア ブラジル イギリス アラブ首長国連邦 スリランカ フランス トルコ

ページTOPへ
PAGE
TOP

横浜市ベンチャー企業顧問派遣事業社
© 2015 海外お知恵バンク|海外進出ビジネスのパートナー支援
Facebookアイコン
Twitterアイコン
google+アイコン
はてブアイコン
LINEアイコン
お知恵バンク
横浜市ベンチャー企業顧問派遣事業社
© 2015 海外お知恵バンク|海外進出ビジネスのパートナー支援